大きい事はいいことだ!

森○エールチョコレー・・・この台詞、今どれだけの人に通じるんでしょう。

というわけで、こんにちは!実は20代のアパレル担当 祥典です。

さて、我々バイク乗りにとってと言えば?
そう、ツーリングですね。夏休みを取ってヘビーツーリングをする方もいれば
日帰りツーリングを楽しむ方もいるでしょう。
今回はヘビーツアラー向けのシートバッグをご紹介。
g16190.png

・・・・・・
でけえ・・・・・
隣のシートバッグが原付用に見えるサイズです。
容量はなんと規格外の70リットル!
MONSTER(エナジードリンク)なら約200本入りますが入れる機会はないでしょう。
image16091.png
ソフトケース(40L)ハードケース(30L)が上下二つに重なったセパレート構造
余裕を持って2週間、ストイックなツーリングなら1カ月程度でしたらこれ一つで完結しそうです。

・・・ですが、こんな巨大なシートバッグ、はたしてどんなバイクにも取付けられるのでしょうか?
と、いうわけで今回はスタッフのバイクと当店のレンタルバイクに合わせて実験してみました!

ZZR.png
ZZR1400…◎(余裕!!)
まずはツアラーでお馴染みZZR1400。
あつらえたように余裕がありますね。乗せただけで突然北海道ツーリングっぽさが出ました。

ZRX.png
ZRX1200DAEG…◎(余裕!!)
人気のダエグも余裕の積載。
ZZRよりタンデムシートの幅が広いので安定感はこっちのほうが上でした。

CB.png
CB400SF…○(問題なし!!)
ヨンフォアもOK。ですが上の二台と比べると少し不安定…?
取り付けの際はベルトなどを上手く駆使する必要があるかもしれません。

SHADOW.png
SHADOW…△(なんとかOK)
もともとタンデムシートが狭いシャドウですとちょっと安定感に欠けます。
取り付け自体はできますがかなり不安定になるかもしれません・・・

R25.png
YZF-R25…×(難しいかも…)
最近のスポーツクォーター系はタンデムシートが非常に小さいので
取り付けは難しいかもしれません…
ガリバー旅行記レベルで縛りあげればなんとか行ける…かな?

GOOSE.png
GOOSE…△(なんとかOK)
当店スタッフ、Aの愛車のグースにも載せてみました。
シートが広いので乗りはしましたが、取り付け方法は考えたほうがいいかもしれませんね。

 SDR1.png
SDR…×××(絶対無理)
最後は私の愛車SDR。
・・・うん、無理ですね。シートカウル3個分の幅があります。
取付けするとしたらもうボルト留めするしか方法はないと思います・・・

・・・といった感じでグランドシートバッグをあてがってみましたが、
取付け出来る車両は
シート幅が広い
大柄な車体
シングルシートじゃない←一番重要
のバイクでないと取付けは厳しいかもしれません。
ツアラービッグネイキッドなどにはお勧めできる一品です。
気になるお値段ですが、48,000円(税抜)とこれまたデカいお値段。
ですがここまで大きい物他にはございません!この機会にぜひどうぞ!!

OCHI.png
これ完全にオチじゃないですか。



※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

ナップス広島店 お店へのアクセス お問い合わせフォーム TEL:082-297-8951