スポーツランドタマダに行ってきました。

広島市安佐北区にあるミニバイクサーキット「スポーツランドタマダ」さんにお邪魔いたしました。
http://www.sl-tamada.com/

今回はシェンプラス様が企画する「S+αミーティング」という走行会形式のイベントです。
http://www.shenplus.com/

参加車両はNSR-miniや、NSF100の12インチ車両がメイン。

こちらのコースに来るのは初めて。
広島市内から一般道で1時間弱という抜群の立地。

2.jpg

1.jpg

19.jpg

想像していたよりコース幅も広く、適度にテクニカルかつスピードの乗るコーナーもあり、高いスキルと度胸が求められるサーキットです。

シリーズ戦参戦ライダーから74上がりのキッズライダー、サーキット走行を楽しむ母娘(!!)などライダーの層が非常に幅広いのが印象的です。

3.jpg

7.jpg

6.jpg

開会式ではエキスパートライダーによるブリーフィング。

4.jpg

車両の安全対策、装備品の注意など、安全にサーキット走行を楽しむために注力していることが伝わってきました。


初心者クラスはまず座学。

5.jpg

サーキットのマナー、ルールをしっかり覚えます。


そして走行開始!
ホームストレートから1コーナー、2コーナーはスピードが乗るので、ライディングテクニックと車両のセット能力が求められそうです。

14.jpg

その後はテクニカルセクションが続きます。

17.jpg

16.jpg

15.jpg

切り返しのスピードが勝負です。

13.jpg

そして最終コーナーからホームストレートへ。

9.jpg

関東のミニバイクコースと比べると雰囲気も穏やかで和気藹々とした空気感が特徴です。

ロードコースの奥は、4駆のコースがあり、当日はサバイバルゲーマーがフィールドを駆け回っておりました。
こちらも実に楽しそう!

11.jpg

12.jpg


10年前までならベース車のNSR50もタダみたいな値段で手に入ったので、ミニバイクレースの敷居は低かったのですが、このところの2st車両の高騰により、程度のいい車両はとんでもない価格になってしまいました…
4st車両はもともとの価格が高く、生産台数も少ないので中古も高価…
もちろんクローズドコース専用車両だと、それを運ぶクルマも必要…
これからミニバイクを始めるのはなかなか敷居が高くなってきました。

そこで主催者の方々とお話ししたのですが、ぜひここのコースでミドルバイクを走らせてみたい!
250ccのスポーツバイク、モタード車両なんかだと最高に楽しそうなんだけどなぁ…
ツナギ着てプラッと自走で行って、スポーツ走行を楽しむなんて文化が生まれると最高だなぁ・・・

広島という土地はライダー人口が多い割に近隣にサーキットが少なく(TSタカタサーキットは2輪走行不可…)モータースポーツを楽しむにはちょっと不利な環境…

なんとかしてこの環境を好転させ、多くのライダーにサーキットランを安全に楽しんでいただきたいなぁ…
もしそんなチャンスがありましたら、積極的にジョイントしていきたいと考えております。

以上S+αミーティングとスポーツランドタマダのご紹介でした。

※記事内の価格表記は、執筆当時の価格となります事をご了承ください

ナップス広島店 お店へのアクセス お問い合わせフォーム TEL:082-297-8951